ゲーマーホリック

更新停止中@あけおめ2009
スポンサード リンク


Web gameaholic.blog34.fc2.com

Amazonトップセラー

人気記事/逆アクセスランキング

Blog People
カレンダー(月別)
11 ≪│2005/11│≫ 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ゲーム情報諸々 11/15 

[PS2]
D3パブリッシャー、映画「チキン・リトル」プロデューサーインタビュー (Impress)
「WORLD TANK MUSEUM for GAME 東部戦線」同梱特典はミリタリー解説書「東部戦線ハンドブック」 (ITmedia +D Games)

[GC]
『スーパーマリオストライカーズ』マリオたちが過激にサッカー!! (ファミ通.com 家庭用ゲームニュース)

[PSP]
NEWホロン、PSPでの映像、写真、音楽の使い方を映像で学べる
UMDビデオソフト発売。PCとの連携ソフトも同梱
(Impress)

[GBA]
パワーアップしてGBAに登場! 『スーパードンキーコング3』 (ファミ通.com 家庭用ゲームニュース)

[NDS]
『マリオ&ルイージRPG2』兄弟と兄弟が協力して冒険!! (ファミ通.com 家庭用ゲームニュース)
『メトロイドプライムピンボール』あの『メトロイドプライム』がピンボールになった! (ファミ通.com 家庭用ゲームニュース)

[etc]
NEWディースリー・パブリッシャー、欧州子会社「D3Publisher of Europe Ltd.」を新設 (電撃オンライン)
「龍が如く」のコンセプトがどうして生まれたか? セガ R&Dクリエイティブオフィサー 名越 稔洋 (syoboonline)
使って試してみました! ゲームグッズ研究所 (Impress)

スポンサーサイト
[ 2005/11/15 22:07 ] ゲームの話 | TB(1) | CM(0)

[PS2] 『ローグギャラクシー』PV第3弾公開 

公式サイト
ローグギャラクシー(Amazon)

公式サイトで12月8日発売の『ローグギャラクシー』のPV第3弾が公開されました。

世界篇」と「プレイ篇」の2種類を見ることが出来ます。

世界観が物凄い広大そうですね。色々な人種が出るみたいですし。
フィールド、街、バトルにおいて全てがシームレスでロード時間を感じさせないのも特徴のひとつ。フィールド・バトルのアクションも充実しているようです。

ローグギャラクシー

[ 2005/11/15 22:03 ] ゲームの話 | TB(0) | CM(0)

マイクロソフト、ゲームソフトのオンライン販売へ 

マイクロソフト、ゲームソフトのオンライン販売へ (IT-PLUS)

購入できる選択肢が増えるのはいいことだと思います。大手ゲームソフトメーカーがオンラインストアへの対応準備ができていないというのが気にかかりますが。でも順々に対応ソフトが増えるでしょうしまぁいいでしょう。
日本でもやるかどうかは、まだわからないです。

[ 2005/11/15 21:48 ] ゲームの話 | TB(0) | CM(0)

[NEWS] 『塊魂』開発者の高橋氏、英BBC記事でゲーム業界を批判 

Yahoo!ニュース - WIRED - 『塊魂』開発者の高橋氏、英BBC記事でゲーム業界を批判

『プレイステーション2』用ゲーム、『塊魂』(カタマリダマシイ)のディレクターを務めたナムコの”高橋慶太氏”は、その話しぶりからすると、いずれゲーム開発の仕事をやめるつもりのようだ。では、その後は何をするのだろうか? それは児童公園の設計だという。

高橋氏が言いたいのは、口先では新しいプレイヤーをゲームに惹きつけたいと言いながら新しいアイディアに投資することを嫌がる今のゲーム業界は”続編中心”で”マーケティングに支配され”、独創的なアイディアをつぶしているということ。

確かに今のゲーム業界にはそんな傾向がある気がします。安定して売れる某大人気シリーズ作品の開発を請け負った会社のオリジナルの新作に社員が命がけでマーケティングをする、というような話題を最近聞きました。プレイしたことのないゲームを初週から大ヒットさせる為に。
コマーシャルでは面白そうで実際にヒットしたんだけど、内容はあまり面白くなかったというゲームもありますよね。これらは”マーケティングに支配され”ている典型例ですよね。

でも続編が売れるのは続編の前の作品、つまり最初の作品がヒットしたからだと思うんです。その最初の作品は始めは新しいゲームだったわけです。一作目が面白かったから二作目も買うというのは間違った考えじゃないと思います。
宣伝をしなかったらゲームは売れません。宣伝をしたからといって売れるとは限りませんが。だけど、宣伝をしなくても本当に面白いタイトルは口コミで話題が伝わり、ロングセラーになる、というパターンもあると思うんです。最近では『ICO』を思い出します。『ICO』も口コミによってじわじわ売れ、最終的には20万本を売り上げたと聞きます。その続編に当たる『ワンダと巨像』は初週から大ヒットでした。”続編が売れた”典型的なパターンだと思うんです。

高橋氏を非難するわけではありませんが、生活は売り上げをあげないと成り立たないわけで、だから売れる売り方をするのは決して間違ってはいないと思うんです。心情的に続編が嫌なだけだとは思いますが。

独創的な作品を出すには勇気がいると思います。会社的にも嫌がるでしょうし。開発費だけがうなぎのぼりにあがるゲーム業界は余計に独創的なアイディアを出しづらくなっているのかもしれません。

そんな中、ゲーム制作の支援を行なうクリエイター発掘オーディションとなる「ゲームやろうぜ!2006」などの企画があるのは非常に嬉しい事実だと思います。

話は少し変わりますが、日本の音楽CD業界は初登場1位を目指しますよね。アメリカでは初登場なんか大して重要じゃないそうなんです。本当に良い曲は口コミで広がり、そのうち自然と上位にランキングされるそうです。日本にも、そんな傾向が出てくるといいのかもしれません。

日本はこれからこの現状が打破されることはないのかもしれませんが、少しでも良い方向に変わるように祈りたいです。

[ 2005/11/15 21:06 ] ゲームの話 | TB(0) | CM(0)

[NEWS] スクエニ、新作ドラクエやFFをプレステ3とXbox360双方に提供も 

ロイターによると、スクウェア・エニックスの和田洋一社長は、ロイターのインタビューに応じ、人気ゲームソフト「ドラゴンクエスト」(ドラクエ)や「ファイナルファンタジー」(FF)の新作シリーズをソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の次世代家庭用ゲーム機「プレイステーション3」(PS3)と米マイクロソフトの次世代家庭用ゲーム機「Xbox360」の双方に提供する可能性があると述べた。

人気ゲームソフト「ドラクエ」「FF」の新作シリーズについて、和田社長は、「『PS3』と『Xbox360』の両方に提供するか、いづれかひとつに提供するかについては、来年5月に開かれる(世界最大のゲームショー)E3までには方針を固める」と発言した。

マイクロソフトは、「Xbox360」を日本では12月10日に発売する。SCEは、「PS3」を来春発売する予定。

『ドラクエ』と『FF』はハードをヒットさせるヒットメーカーに事実上なっている。Xbox360にも提供するという今回の発表がある以前は、DQ・FFが独占供給されると思われていたPS3が次世代家庭用ゲーム機でも単独1位のシェアに躍り出ると大方の予想であったが、これによりその予想が崩されたのではないか。
現時点でもXbox360は”鳥山明”氏原画の『ブルードラゴン』や”井上雄彦”氏原画の『ロストオデッセイ』の発売が決まっている。今の所この両ソフトは、他ハードでも供給されるとの情報は無い。

次世代家庭用ゲーム機戦争、日本では12月10日発売のXbox360によって火蓋が落とされる。

Xbox 360 発売記念パック

Xbox 360 発売記念パック


[ 2005/11/15 20:36 ] ゲームの話 | TB(0) | CM(0)

[NDS] 『マリオカートDS』 

アイテムゲットでカッ飛びパワー!『マリオカートDS』 (ファミ通.com 家庭用ゲームニュース)

マリオカートDS公式サイト
マリオカートDS(Amazon)

Wi-Fi USBコネクタ公式サイト
ニンテンドーWi-Fi USBコネクタ(Amazon)

体験版のダウンロードも出来るようになった、『マリオカートDS』は、マリオやクッパなどの任天堂キャラクターが、カートに乗って順位を競うハチャメチャ猛烈レースゲーム。レース中に出現するアイテムは、スピードアップや敵車への妨害といった、勝敗の決め手となる重要な要素。うまく使いこなして、ニンテンドーWi-Fiコネクション機能で世界中のユーザーと対戦できるので自分の実力を試すいいチャンスかも?

[ 2005/11/15 19:58 ] ゲームの話 | TB(0) | CM(0)

[NDS] 『マリオカートDS』、『スラもり2』体験版のダウンロードサービス 

『マリオカートDS』、『スラもり2』の体験版がDSダウンロードサービスで配信決定! (電撃オンライン)

マリオカートDS公式サイト
マリオカートDS(Amazon)

スラもり2公式サイト
スライムもりもり ドラゴンクエスト2 大戦車としっぽ団(Amazon)

12月1日~12月21日の期間、全国各地のゲームショップで実施される「ニンテンドー DS ダウンロードサービス」において新たなコンテンツが配信される。

「ニンテンドー DS ダウンロードサービス」は、サービス実施店舗に自分のDS本体を持参すれば、体験台から配信されるゲームの追加データや体験版を無料でダウンロードできるというもの。これまでにも何度か行われており、好評を博しているサービス。

今回新たに配信されるコンテンツは、12月8日発売予定のDS用ソフト『マリオカートDS』の体験版、12月1日発売予定のDS用ソフト『スライムもりもり ドラゴンクエスト2 大戦車としっぽ団』のミニゲーム体験版「おためしコゼニトール」という2種類。『マリオカートDS』の体験版では、本作の特徴であるワイヤレス通信を使用しての8人対戦がプレイ可能とのこと。

各体験版はDS本体の電源を切るまで遊ぶことができるので、DSを持っている人はこの機会に今冬注目タイトルを体験してみるのもいいのではないか。

体験版の配信は、2005年12月1日から12月21日までとなっている。なお、サービス実施店舗など、詳細はこちらを参照してもらいたい。

[ 2005/11/15 19:51 ] ゲームの話 | TB(0) | CM(0)

[NEWS] 「ゲームやろうぜ!2006」作品受付開始 

「ゲームやろうぜ!2006」作品受付開始 (ITmedia +D Games)

ソニー・コンピュータエンタテインメントは、新たな才能や発想を持つクリエイターを発掘し、ゲーム制作の支援を行なうクリエイター発掘オーディションとなる「ゲームやろうぜ!2006」の作品受付を11月15日より開始したと発表した。受付はインターネット経由のみ。

過去6回開催された「ゲームやろうぜ!」からは、プレイステーション向けのソフトウェア「どこでもいっしょ」シリーズや、「XI[sai]」など、新機軸の遊びを提案したゲームソフトが登場。ミリオンセラーを記録したタイトルも生まれている。

今回も、PSPやプレイステーション 2といった「プレイステーションフォーマット」を対象としたソフトウェア開発であれば応募は自由。経験者や未経験者を問わない内容となっている。

応募期間は2005年11月15日~2006年2月28日(必着)。作品の応募はゲームやろうぜ!2006のWebサイトからのみ受付となっている。

これを機会にデビューできる可能性はおおいにあるので、チャレンジ精神を忘れないことが大切かもしれない。どしどし応募してみよう。

[ 2005/11/15 19:44 ] ゲームの話 | TB(0) | CM(0)

[PS2/GC/PSP] 『クラッシュ・バンディクー がっちゃんこワールド』 

クラッシュ君編集部漫遊のつもりがエライ目にあう――「クラッシュ・バンディクー がっちゃんこワールド」 (ITmedia +D Games)

公式サイト
クラッシュ・バンディクー がっちゃんこワールド(Amazon)

ビベンディ ユニバーサル ゲームズの「クラッシュ・バンディクー がっちゃんこワールド」は、プレイステーション 2版とゲームキューブ版が税込み7140円で、PSP版が同じく税込みで5040円で、12月1日に発売を予定しているシリーズ最新作となる。

1996年12月、初の奥スクロールアクションゲームとして世に送り出された「クラッシュ・バンディクー」は、99年のシリーズ4作目「クラッシュ・バンディクー レーシング」で、レースものが誕生。今回、従来のアクションゲームとレースゲームが合わさった、ちょっとお馬鹿で悪ノリ全開のシリーズ最新作となっている。

とレースものが加わるなど番外編も含め、現在PS、PS2、GBA、GC、Xboxとハードを問わずシリーズを積み重ねている。基本的にお馬鹿で、小ネタがいっぱいの脱力系ゲームではあるが、アクションゲームとして秀逸で、ファンも全世界に多数存在する人気作である。

アクションゲームの途中にレースゲームが差し込まれていく形でゲームは進行。アクションパートでは、レースで使用するキャラクターや車種を増やしたり、ミニゲームをクリアしてコインを貯めることが目的になる。コインをためるとその枚数によって車や武器をパワーアップすることができる。レースパートでは対戦も可能だ。PSP版では最大8人まで。PS2版は最大2人、GC版は最大4人までプレイすることができる。

…と記事にはある。世界的に見たらファンは多数存在しているのかもしれないが、日本では4から製作会社が変わり、それとともに売り上げもみるみるうちに下がり、本作では単独の公式サイトすら存在しない現実になっている。果たして本作はどれだけの売り上げを確保することができるのか。過去の栄光を取り戻すことができるのだろうか?


[ 2005/11/15 19:41 ] ゲームの話 | TB(0) | CM(0)

[PS2] 『新 鬼武者 DAWN OF DREAMS』 「合体鬼戦術」とは? 

シリーズ最多“5人の鬼武者”、そして生まれた最強の力「合体鬼戦術」とは――「新 鬼武者 DAWN OF DREAMS」 (ITmedia +D Games)

公式サイト
新 鬼武者 DAWN OF DREAMS(Amazon)

発売日が2006年1月26日、価格が7329円(税込)に決定したプレイステーション 2用ソフト「新 鬼武者 DAWN OF DREAMS」(以下、「新 鬼武者」)。

本作の鬼戦術(必殺技)では、従者(仲間)システムと組み合わせることで、究極的な奥義「合体鬼戦術」を発動させることもできる。これはその名の通り、2人のキャラクターの鬼戦術を同時に発動させるというもので、操作キャラクターと仲間のどちらもが、十分な鬼力を持っている状況であれば、ド派手なエフェクトとともに、最大威力の鬼戦術が炸裂、幻魔の群れを一蹴するとのことだ。

[ 2005/11/15 19:34 ] ゲームの話 | TB(0) | CM(0)

[NDS] 『ポケモン不思議のダンジョン』発売日に公開される“特別メッセージ” 

「ポケモン不思議のダンジョン」発売日に公開される“特別メッセージ”とは (ITmedia +D Games)

公式サイト
ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊(Amazon)
ポケモン不思議のダンジョン 赤の救助隊(Amazon)

ポケモンは、ニンテンドーDS用ソフト「ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊」と、ゲームボーイアドバンス用ソフト「ポケモン不思議のダンジョン 赤の救助隊」(ともに販売元は任天堂)の発売日となる2005年11月17日に、本作のエグゼクティブ・プロデューサーをつとめる石原恒和氏の特別メッセージを、公式サイトにて公開することを明らかにした。

石原氏からの特別メッセージが、どのような内容となるかまでは明らかにされてはいないが、発売日当日ということもあり、本作にまつわるエピソードも聞けるかもしれない。

本作は、冒険が進むにつれて、救助隊にはさまざまな仲間が加わっていく。一緒に冒険をできるポケモンは380種類以上用意されているため、ポケモンのタイプやとくせい、おぼえているわざを考慮して、立ち向かうダンジョンに適した仲間を連れて行くことが重要となるわけだ。

[ 2005/11/15 19:30 ] ゲームの話 | TB(0) | CM(0)

[XBOX] 欧米のロンチタイトル(本体と同時発売)正式決定。 

syoboonlineさんより。

Xbox360の欧米のロンチタイトル(本体と同時発売)が正式決定した模様。以下のURLで見ることが可能。

http://www.xboxyde.com/news_2302_en.html

ヨーロッパ向けは15タイトル、US向けは18タイトルとなっている。

米国では11月22日に、欧州では12月2日に発売。日本発売が12月10日となっている。

[ 2005/11/15 14:06 ] ゲームの話 | TB(0) | CM(0)

[XBOX] 週間少年ジャンプ51号に『ブルードラゴン』の情報? 

X's Networkさんより。

11月14日発売の週刊少年ジャンプ50号に掲載されている次週51号の予告によると、Xbox360用ソフト『ブルードラゴン』の情報が掲載される模様。

12月17日18日に開催される「ジャンプフェスタ」で『ブルードラゴン』のムービーも公開されますし、今後は”原画家の鳥山明氏”が作品を掲載していた雑誌でもあるジャンプを中心に『ブルードラゴン』の露出が増えてくるのだと思われるとのこと。

[ 2005/11/15 13:59 ] ゲームの話 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。