ゲーマーホリック

更新停止中@あけおめ2009
スポンサード リンク


Web gameaholic.blog34.fc2.com

Amazonトップセラー

人気記事/逆アクセスランキング

Blog People
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

[Wii] 面白さに焦点を。任天堂岩田社長インタビュー 

The Streetによる、任天堂の岩田社長へのインタビューです。
任天堂の目指す所、Wii Connect24、ゲーム内広告などについてコメントをしています。

今までのテレビゲーム機は、マシンパワーがあがっていくばかりでした。それは華やかに見えるけれども、それと比例してゲームが難しくなっていきました。私達はこの状況を変えなければいけないと思ったんです。
そこで、焦点をどこに合わせるかを考えたところ、今まで全くゲームをしない層だったんです。これはつまり、ソニーやマイクロソフトと争わないという事でもありました。私達の焦点は、ゲーム人口を増加させる事が出来るかどうか、ということです。
任天堂はかなり異質な道を通ろうとしていますが、少なくとも任天堂は十分に生き残ることが出来ると確信しています。

E3前のプレスカンファレンスで、「Red Steel」という現存のコアユーザーを対象としたようなゲームのデモをしたのは、任天堂はライトユーザーのみを対象にすると切り替えたわけではなく、現存のコアユーザーももちろん対象としているからです。新規のプレイヤーの他に、現存のプレイヤーも興奮させることが、私達が本当に送りたかったメッセージです。

テレビゲーム業界は、今も急速に成長しています。私達はソフトウェアが常に新鮮なものであることが重要だと信じています。
これはつまり、Wiiの為の「Wii Connect24」を任天堂が推進している理由の1つです。24時間インターネットに接続することによって、その結果常に新しく何かを得る事が出来ます。
ユーザーは常に新鮮なソフトウェアを求めています。そしてその需要を任天堂が満たそうとしているのです。

しかし今後、このようなアプローチが肥大化していくと考えると、(金額面で)あまり楽観視は出来ません。毎月ユーザーから月額料のようなものを支払って貰うということが主な収入源になるとも考えていません。
最近はますますソフト開発にコストがかかるようになり、何か収入源を得なくてはいけない状況下に置かれていると思います。ゲーム内の広告もその方法の1つとして間違いないと思います。しかしそれも結局は収入源の1つなだけであって、主な収入源はやはりゲームソフト自体であることは間違いありません。収入源を模索することもそれはそれで良いと思いますが、それよりも現存のユーザーと新規のユーザーに対して魅力的なソフトをつくる努力をする事も重要だと思います。

「Wii」本体の価格は、お手ごろな価格になることは確かです。「プレイステーション3」を標準と考えるなら、どんな価格もお手ごろになるでしょうが。

情報元:
Nintendo Focuses on Fun
GamersReports - Game News About Games For The Gaming Gamer
Next Generation - Iwata Skeptical on In-Game Ads and Episodes
スポンサーサイト
[ 2006/05/19 00:47 ] ゲームの話 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。