ゲーマーホリック

更新停止中@あけおめ2009
スポンサード リンク


Web gameaholic.blog34.fc2.com

Amazonトップセラー

人気記事/逆アクセスランキング

Blog People
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

[PS3] 浜村弘一氏が語る「プレステ3の価格の意味」 

エンターブレイン代表取締役社長の浜村弘一氏が、SCEから発売の次世代ゲーム機『プレイステーション3』のについて考察・予想をしています。

・WiiやXbox360とは違う種類の製品であることの宣言
・ハード自身を様々に拡張するコンピューターそのもの
・家電との融合
・世界中で200万台はあっという間に売れる
・2007年末に本領を発揮し始める
・その頃には価格にも変化が起こっているはず
・HDD無しのマシンで4万円とか

情報元:
http://up2.viploader.net/pic/src/viploader175902.jpg
スポンサーサイト
[ 2006/06/02 17:16 ] ゲームの話 | TB(0) | CM(2)
私も(広島では珍しく)今日発刊していたので買って読みました。(いつもは土曜です)浜村さんのおっしゃっていることはよく分かりますが、ならばそれを強く世間にアピールすることがやっぱり大事ですね。今のままだとPS3は世間的にはやはり「ゲーム機」としか認識されないので、ゲームとして興味を示せば敬遠されるのはもう今までの反応を見れば言うまでもなし。ゲーム以外のデジタルとして興味を示してもらうにはやはり宣伝です。PSPのような生半可さではいけません。

また、来年末から本領を発揮するだろうという読みもけっこう同感しましたが、果たしてそこまでソニーがガマンできるか?本体しか売れなかったら大赤字ですからね。ソフトの購入やコンテンツを利用してもらって初めて儲けになります。正直、昔ほどの勢いがないソニーにそこまで耐えうる我慢があるでしょうか?それこそ、タンカを切って「PSPは仕様だ」のような発言があったらそれこそPSPの二の舞です。

長文失礼しました。
[ 2006/06/02 18:46 ] [ 編集 ]
世間へのアピールは、やはりテレビCMだと思うんです。いくらインターネットが普及したといっても、やはりテレビCMの効果は絶大ですから。ソニーがどのようなテレビCMを仕掛けるかが、PS3の鍵の一端を握っているでしょう。
"プレイステーション"という広く知れ渡った名前を利用することで、今までの購買層にもアピールをしているのでしょうが、価格の面がネックになっている限りは逆効果とも言えるのかもしれません。世間一般では"プレイステーション=ゲーム機"が成り立っているといっても過言ではないと思うので、やはり、大々的な意識改革をさせる宣伝が必要不可欠ですね。時間の経過でも浸透するとは思いますが、やはりそれではダメなような気もします。

たしか、インプレスの後藤さんの記事だったようなきがするのですが、PS3はコンピュータとして売り出すから、ゲームを買わないでハードだけ買う人も出るだろうからハードで利益を出さなければいけなくなったから、あのような価格になった、とか。これが本当かどうかはわかりませんが、時間が経って値が下がるまで耐えるためにあの価格設定にしたことが納得できるような気もします。
そう考えても、2007年末に本領発揮というのも合っているのかもしれません。 浜村氏の意見には、全体的に同意ですね。
[ 2006/06/02 19:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。