ゲーマーホリック

更新停止中@あけおめ2009
スポンサード リンク


Web gameaholic.blog34.fc2.com

Amazonトップセラー

人気記事/逆アクセスランキング

Blog People
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『忍道 戒』 レビュー・感想 その2 

レビューその1はこちら

公式サイト
忍道 戒(Amazon)

現在5時間ほどプレイ。やっていて気づいたこと、思ったことを書きます。

ストーリーモードは、自分の無くした記憶のカケラを集めることが目的なんですが、8個あるのにまだ2個しか集まっていません。しかもそのうちの1個は始めから持っているものです。僕の進め方が悪いのかもしれませんが、クリアまでに結構な時間がかかるのかもしれません。

視点が悪いと前回書きましたが、やはり悪い印象のままです。普段の移動中は視点の悪さが気にならないんですが、R1でしゃがんだ時やL1で注視した時、つまりボタンを押して普段と違った動きをする時に視点の悪さが気になります。開けた場所なら気にならないんですが、ゲームの特性上壁際や屋根の端など隅の方で敵と戦う(敵を見る)ことが多いので、障害物のせいで視点が悪くなってしまうものと思われます。室内で戦った時は建物の外からの視点になってしまったことがありました。室内の戦いの様子がこれが見えません。室内で戦っているのに(笑)。

ストーリーモードはいくつか選択できる任務を任意に選んでクリアしていくミッション形式なのですが、同じようなミッションが多いです。同じ地形で敵の配置が違うだけというのもあります。まぁ限られた地域で戦っている忍者だからそれでいいのかもしれないですが、ゲームとしては「またここ?」っていう感じになってしまいます。

忍具の数が多いので、思いつく限りの方法で敵を倒すことが出来ます。
色々思いついてそれを実行して楽しむことが出来る人にはいいかもしれませんが、それをしないとただ単調に敵を背後から瞬殺の繰り返しになってしまうかもしれません。

自宅の裏庭には自由にパーツを配置できる練習場があるので、操作に慣れない人は練習を好きなだけすることが出来ます。シナリオを進めると配置できるパーツも増えるので、自由度は高いです。
シナリオの合間に、その裏庭にたまに敵が襲ってくることがあります。敵襲は頭のよくない奴がくるのでうまく罠を配置したら的を勝手に自滅させることも出来るとのこと。

”敵が強い、硬い”との意見を見かけたんですが、敵と対面すると敵が強く感じます。基本的には敵に忍び寄り血祀殺法で一撃死させる地味なゲームなので。だから敵に囲まれた時は逃げるのが無難です。
向かい合ってガンガン戦うのを求めてるなら11月17日発売のゴッド・オブ・ウォーの方がおすすめかもしれません。

なんだかんだ言いながら完成度が高いゲームだと思うのでずっとやっちゃってます。地味にハマります。忍者らしく天井に張り付くアクションが欲しかったと思いましたが、それはスパイダーマン2で出来るので我慢ですかね。
スポンサーサイト


[ 2005/11/13 00:23 ] ゲームの感想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。