ゲーマーホリック

更新停止中@あけおめ2009
スポンサード リンク


Web gameaholic.blog34.fc2.com

Amazonトップセラー

人気記事/逆アクセスランキング

Blog People
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

[PS2] 『ダージュ オブ ケルベロス -FFVII-』 感想・レビュー 

スクウェアエニックスから1月26日発売の『ダージュ オブ ケルベロス -FFVII-』の感想・レビューです。

現在のプレイ時間、4時間程度の時点でのものです。

ダージュ オブ ケルベロス -ファイナルファンタジーVII- 特典 特別映像DVD「COMPILATION of FINAL FANTASY VII: REFLECTIONS」付き【ダージュ オブ ケルベロス -FFVII-】
公式サイト
Amazonで予約
発売元:スクウェア・エニックス
発売日:1月26日
ハード:PS2

まずはあっさりめのレビューで。

●ロード時間
普通です。気になる事は無かったので良好かと。

●操作性
開発者が言っていた通り、結構クセのあるものです。ですが悪くは無いので、2時間ほどプレイしたぐらいで慣れました。ですが気になる部分はあるので、それは後述。

FF7のヴィンセントが主人公のガンアクションということで、スタイリッシュな動きを期待していたのですが、正直動きは緩慢な部類に入るかと思います。あまりスピーディーやスタイリッシュには動けません。

攻撃方法は、「銃撃」と「格闘」の2種類に分けられるのですが、格闘の動きはあまり良いとは思えません。敵に、懐に飛び込まれて瞬時に格闘ボタン(×ボタン)を押しても、敵よりも後の攻撃になってしまい、結果ダメージをくらってしまいます(自分の反応は悪くはないという仮定で)。

攻撃を受けて、ダウンをした時に、敵に傍まで近寄られることがあります。倒れている時に攻撃はされないのですが、起き上がった瞬間に攻撃をされてしまいます。ボタンを連打しても間に合わいませんでした。これは致命的と思う…。

●回避行動について
□ボタンでしゃがみ、”方向キー+□ボタン”で回避行動(前転)が出来ます。
ですが前転後はしゃがみ状態になってしまいます。連続して前転する場合には問題ありませんが、前転後に起き上がる為には、前転後に□ボタンを押して起き上がる必要があります。起き上がらないとしゃがんだままの状態になってしまい、しゃがんだまま移動する間抜けなヴィンセントを見ることになってしまいます。

アクション要素が強いのだから、回避だけのコマンドが欲しかったですね。それよりも、前転後にしゃがんだままの利点がわかりません。

●銃の”標準”について
銃の標準は、確かに合わせやすいものではありません。しかし、難易度ごとに「スコープ」をつけて、ある程度の微調整を自動でしてくれるので、難易度をさげればあまり問題はないレベルかと思います。

イージーだと大幅に調整してくれるスコープ、ノーマルだと少し調整してくれるスコープ、ハードだと調整は無しです。ノーマル以下でプレイしても、スコープをはずせば調整なしでプレイできます。

アクションが苦手な方は、下手にノーマルで頑張ろうとしないでイージーでまずプレイしたほうがいいかもしれません。イベントなどは変わらないらしいので、慣れたら難易度をあげるほうがいいかと思います。このゲーム(というかガンアクション)は苦手な方には辛いゲームな気がします。

カメラの移動スピードは設定で数段階に細かく変更可能なので、最初の状態からは変えたほうがいいかと。そのほうがやりやすい気がします。最初だと自分は遅すぎに感じました。

●銃の種類
今の所3種類でています。普通のハンドガン、ライフル、マシンガンの3種類です。

銃は3つまで設定を保存でき、L2で切り替えができます。
なので、遠距離攻撃用、中距離攻撃用、短距離攻撃用などとカスタマイズをわけておいてその都度切り替えると戦いやすくなると思います。

マテリアを装着して魔法を撃ったりもできます。MPがあるので使用制限はありますが、たまにフィールドで回復ポイントがあります。

銃の連射速度は、基本的には遅いのですが、アイテム(バレル)を取得して銃をカスタマイズすることで連射速度はあがります。

バレルをレベルアップさせれば、連射速度があがったり、攻撃力があがったりします。

●アイテムの所持数はかなり少ない
ポーションは4つ、ハイポーションは2つまでしか持てません。フェニックスの尾は1つまで。

フェニックスの尾の効果は、FFに例えると”リレイズ”で、死んだ時にHPが満タンで生き返ります。事前に使っておく必要があります。

●リミットブレイク
変身して強くなれますが、その時に銃は撃てません。攻撃力があがってHPが回復するけど、怪物になって暴れる感じで、ヴィンセントの面影があまり無いかも。

●ゲームオーバーした時
ゲームオーバーになったら、リトライを選択できますが、その時に、既出の情報どおり、「経験値」か「お金」にポイントを振り分けられます。レベルをあげないで再挑戦したかったら、後者を選択すればいいというわけです。

●総合的感想
慣れるまでダメージを受ける覚悟は必要かと。理不尽にダメージを受けることがありました。いきなり狙撃されたり、狙撃者が見つからなかったり。爽快感はどうか、と聞かれると…悩みます。

ガンアクション的に見たら普通、アクションゲームとして見ても普通、というのが現時点での僕の正直な感想です。

しかしRPG的に考えたら面白いかもしれません。ムービーのクオリティは高いですし。続編ものですが、本当に続編的な位置づけなので、FF7とFF7ACをやらない(見ない)とシナリオを完全に理解は出来ないと思います。前後関係の解説は特にありません。

電撃PSのレビューの評価が「80/85/75/75」というあまり高くない評価ですが、プレイしてみて納得な感じですね。
スポンサーサイト


[ 2006/01/25 20:38 ] ゲームの感想 | TB(4) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://gameaholic.blog34.fc2.com/tb.php/921-4c0f3722

スクウェアエニックスから1月26日発売の『ダージュ オブ ケルベロス -FFVII-』の感想・レビューです。現在のプレイ時間、4時間程度の時点でのものです。【ダージュ オブ ケルベロス -F
[2006/01/25 20:43] 気づいたらオタク
 FF7ファンとしては、購入を迷う作品ですよね。真のファンなら有無を言わさず購入されると思いますけど、購入を迷っている方がいらっしゃれば、参考にどうぞ。リンク:ダージュオブケルベロスのレビュー記事(ゲーマーホリック) 丁寧に書かれたレビューです。やはりア
ゲームを斬る!より正直この先クリアしていける自信なくなっちゃったよ(苦笑)。この手のジャンルに慣れていない人は、おとなしく「イージー」で遊んだ方が良さそう。 ひろさんのファーストインプレッション記事よ...
[2006/01/25 22:49] GameNews Watcher
前日予約でも何とか予約特典付きで買えました。ちょうど今日休みでよかったー。まずは特典DVD鑑賞。FF7のオープニングデモが楽しみで。おーエアリスだー。カメラが引いてミッドガル全景。列車にズーム…あ、もうすぐ終わる…やっぱ短いクラウド出るんかなー…出たー!終了..
[2006/01/26 16:45] こじろーβほむぺ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。